« お出かけゴハン | トップページ | なんだか。 »

映画『僕と妻の1778の物語』

昨日公開されたばかりの映画

『僕と妻の1778の物語』 を見てきました。

━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

■STORY■

SF作家の朔太郎と銀行員の妻節子は、

高校1年の夏休みに付き合い始めてからずっと一緒だった。

だがある日、腹痛を訴えた節子が病院に入院し、

彼女の体が大腸ガンに冒されていることが判明。

医師に余命宣告された朔太郎は最愛の妻にだけ向けて、

毎日原稿用紙3枚以上の短編小説を書くことにする。

…毎日1編の短編小説を5年にわたって書き続け、

余命1年の宣告を覆した奇跡の記録。

━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

SF作家の眉村卓と2002年にガンで逝去した夫人との

感動の実話を基に映画化された作品です。

主演は、朔太郎→草なぎ剛・節子→竹内結子

『黄泉がえり』コンビ復活!!!

朔太郎は少し風変わりなところが。

例えば、夢見がちなところ。

不器用なところ。

一途なところ。

まわりが見えなくなるところ。

ああ見えて、女心をくすぐるものを持っているところ。

妻の節子は、それに自然に寄り添っているんです。

どんな時でも、そんな朔太郎をそばで温かく見つめている…

そんな感じです。

草なぎ剛のあっけらかんとした単純そうな雰囲気と

竹内結子の芯が強いけれども柔らかいイメージが

役にぴったりとはまっていました。

相手がしたいことを相手ができるように願う…

恋とか愛とか、そういう言葉ではなく

ただ「一緒に」そんな気持ちが、溢れている物語に

ただただ感動するばかりでした(u_u。)

お時間がある方はぜひ…おすすめの映画です♥

|

« お出かけゴハン | トップページ | なんだか。 »

**日々の出来事**」カテゴリの記事