« お雛祭り | トップページ | おすすめのお茶 »

食物負荷試験

昨日、息子の食物負荷試験を
病院でしてきましたhospital

血液検査上、わりと重度なので
日帰り入院での実施。

卵アレルギーの息子は
卵黄の克服から目指していて
前回は、卵黄ボーロの接種をし
それから約半年、毎日食べ続けていました。

そして、今回は加熱卵黄、
固ゆで卵の黄身の部分を摂取しました。

病室のベッドの上で
担当医の指示のもとで行われる負荷試験。

ごく少量から始め、30分おきに
少しずつ量を増やして食べていきます。

その間に、例えば発疹・嘔吐・腹痛等の
症状が起きないか
担当医が付きっきりで見ていてくださいます。
なので、安心といえば安心なのですが…
親としては、何とも言えない心境ですsweat01

今日は、同じく、卵で負荷試験をする
息子より1歳年下の女の子が
同室でお隣さんでしたribbon

すっかり仲良くなって、男らしく、
というか、お兄さんぶって
卵黄を食べきることができましたsign03

…というのも。
前回の卵黄ボーロの時は、
何が理由なのか、とにかく食べてくれなくて
アイスクリームを買いに売店に行ったり、
テレビで気をそらしながら口に押し込んだり、
大騒ぎだったのですcoldsweats01

担当の先生が前回と同じ先生で
「この間とは全然違うね~」と、
先生も笑っていましたくださいましたが、
笑い事じゃないです(汗)coldsweats02

優しい先生、看護師さんに
感謝ですshine

先にお友達が終わって帰ってしまい
退院間際になって眠ってしまった
息子…お友達とのお別れが淋しくて
わざと素っ気ないバイバイをしていましたsweat02

強がっているのが一目でわかって…
ちょっぴりせつなくなりましたweep

一緒に頑張ってくれて、ありがとうheart04

お友達は、全卵を食べることが出来たので
卵除去、卒業ですflair
おめでとうございますhappy02

付き添われてたお母さんも
ほっとされていてhappy02

同じ立場で、大変なことや辛いことがわかるので
私も、嬉しい気持ちを
共有させていただきましたheart02

そして、励みになりましたconfident
引き続き、息子と頑張ろうと思いますscissors

|

« お雛祭り | トップページ | おすすめのお茶 »

**家事and育児**」カテゴリの記事

**日々の出来事**」カテゴリの記事