« お呼ばれしました | トップページ | ハッピーハロウィン♪ »

お別れの日

出会いと別れ…
必然的なことです

わかっているのですが
それでもやはり
お別れは淋しいものです

今日は、息子の習い事の
担当の先生の
最後のレッスンの日でした

3歳という、とても難しい年齢から
1年以上お世話になった先生。

オーストラリア出身の
「最高にキュート」という言葉が
ぴったりの、女性の先生でした。

息子も先生のことが大好きで…
年度替わりに、続けるかどうかどうか
悩んだ時、「○○先生だったらやりたい!」
と言ったほど。

いつも子供たちを楽しませてくれる
とても明るく優しい先生でした

先月、お辞めになることを聞き
息子も私も、相当なショックを
受けたのですが

仕方ありません…

そして、息子が先生に
お手紙を書きたいというので
2人でカードを作りました

15093480437150

最近、やっと平仮名らしくなってきた
息子の文字

私は、まるで英語がダメなのですが
翻訳機能を駆使しつつ
息子の英訳と感謝の気持ちを
英文にしました。

あっているどうかは
不明です

先月撮影した七五三の写真、
着物姿でちょうどいいものがあったので
貼ってみました

最後のレッスン後…

恥ずかしそうにしながら
息子がカードを差し出すと
先生は、一瞬驚いたような顔に
そして、すぐに満面の笑顔で
おそらくですが「感激だわ!」と
英語でおっしゃったのだと思います
(私、英語ダメなので…予想です)

記念に、一緒に写真を
撮っていただきました

帰り道は
やっぱりしんみりとしていた息子。
(と、私…)

せつない気持ちというのは
年齢は関係ないですね

いつかどこかで
また先生にお会いできることがあったら…
成長した息子の姿、
見てもらえる時が来れば嬉しいです。

|

« お呼ばれしました | トップページ | ハッピーハロウィン♪ »

**日々の出来事**」カテゴリの記事

**家事and育児**」カテゴリの記事