« お申し付けください! | トップページ | ランチ »

帰り道のこと

昨夜、息子のお迎えに
保育園に向かって車で走っていましたcar

駐車場まであと50メートル、というところで
前方の車やバスが止まってしまい
全く動かなくなってしまうという。。

どうしたのか、と思い
様子を探ろうと思っても
あたりは暗く、また市営バスが
前にいたので、その先が見えずwobbly

このままでは
お迎え時間遅れてしまうかな…と
思っていたところ

偶然、対向車線の車に
お友達のお母さんが乗っていて
すれ違う際に窓を開けて
「車がぶつかったみたいですよ!」と
教えてくださいましたsign03

「わぁ…大変…」と
思わず口に出てしまいましたがsweat01

直後、何事もなかったかのように
車が動き始めて。。

ぶつかっている車も見えず
多分、ケガをした人も
いなかったのではないかと。

保育園からの帰り道も
気にして見てみたのですが
特に何も変わったことはありませんでしたwobbly

「事故」と聞くと
ケガをした人はいなかったかという心配とともに
条件反射で「過失割合」を考えてしまうのが
最近の私です…お仕事柄、ですねsweat01

当社は損害保険の代理店として
自動車保険を取り扱っているので
事故のご連絡も入ってきます。

完全に被害者の立場になってしまう
無過失事故も、ここ最近多いのが
現状です。

先日も、大切なお客様が
後方車に追突されてしまい
お車は全損…

お車のことも、ですが
何より心配なのが
首や腰、手にお怪我をされたこと。

痛みや辛さが
残ってしまっていらっしゃいます。

運転しながらの携帯電話の使用や
スマートフォンの操作は
法令でも禁止されていることです。

寝不足や疲労状態での運転は
居眠りだけでなく、判断能力が下がってしまい
とても危険です。

おしゃべりに夢中で
注意力が散漫になったり。
お子さんに気を取られて
脇見運転になってしまったり。
小さなことでも、気を付けなくてはいけないことは
たくさんありますdanger

イライラしている時や焦っている時なども
スピードの出し過ぎや
乱暴な運転になりやすいですね…

常に気を引き締めて
運転をすることが大切だと
一運転者としても強く思っていますsign03

事故は自分だけの問題ではありません。
相手の方やご家族など、
辛い思いをする方が、たくさん出てしまいます。

安心安全運転で…
皆さま、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

大切なお客様のご回復を
毎日お祈りしています。

|

« お申し付けください! | トップページ | ランチ »

**日々の出来事**」カテゴリの記事