« 初めての味 | トップページ | 雨の日 »

恐怖の体験

夜、家族のお迎えのために
国道一号線を
車で走っておりました。

片側2車線の道路で
右折帯がない交差点が続く場所。

コンビニの近くなどでは
駐車車輌がいるので
実質1車線になってしまい

渋滞、とまではいかなくても
わりと、車列が出来てしまいます。

さらに右折の車がいると
あっち行ったりこっちに行ったりと
車線変更がわりと大変。

…という箇所なので
イライラするドライバーさんも
いるとは思うのですが。。

右車線で私の前に走っていた
タクシーのその前に
左車線から急に割り込んできた
1台の乗用車。

駐車車輌がいたわけではなく
ぐわんと急激にハンドルを切って
無理矢理入り込んできた感じ。

その後、急ブレーキ・急発進を
繰り返したり
小刻みにブレーキを踏み続けたり

右車線と左車線を
急ハンドルで行ったり来たり

どう見ても
「危険な運転」をしていました。

私が見ていた限り
私の前のタクシーが、何かをした
という感じではないと思うのですが…

更に、その車は、
急にスピードを上げて
左車線から何台か追い越し
また急ハンドルで右車線に入った様子。

私は途中で右折してしまったので
その後のことはわからないのですが
これが、昨年から特に問題になっている
「危険運転」なんだと思います。

自分が直接何かされたわけではありませんが
急ブレーキや急ハンドル
煽るような運転を目の当たりにして
頭が真っ白、ものすごく恐怖を感じました。

頭にくるとか、文句を言うとか
そのようなレベルではなく
とにかく怖い、それが率直な心境です。

「危険運転」は相手があることなので
自分の力だけではどうすることもできませんが
それでも、万が一、巻き込まれたり
事故になってしまった時のために
ドライブレコーダーの装着は絶対に必要だと
心から思いました。

今、考えるのは
そのような状況を目撃した時に
自分は巻き込まれていなくても
警察に通報した方が
良かったのかどうか…ということです。

危険運転を繰り返されたら
他の車が巻き込まれてしまう可能性は
ものすごく高いと思いますので…

今回は私の知識不足で
何もできませんでしたが
今後のためにも、警察に問い合わせるなど
色々と調べておきたいと思います。

|

« 初めての味 | トップページ | 雨の日 »

**日々の出来事**」カテゴリの記事