« とっても美味 | トップページ | 心配なこと »

何と呼ぶ?

ある、息子のお友達のお母さんから
唐突に相談されました…

内容は
「英会話スクールの先生を
 何て呼んだら良いのか?」
と、かいつまんで言うと
そういうことですwobbly

息子の保育園では
月に二度、英語の時間があり
ネイティブの先生が
担当してくださっています。

その先生が、例えば
ジョンというお名前だと
「ジョン先生」と呼んでいます。

ジョン先生はアメリカ出身、
レッスンは、英語と日本語を
織り交ぜて行っている
…そんな感じですsign03

冒頭の相談をしてきたのは
4歳の娘さんがいるお母さんで
息子とは保育園が違います。

その娘さんが
昨年度から英会話スクールに
通っているとのこと。

昨年度は、外国人の先生で
例えば、ジョン先生だったとすると
「ジョン」と、ストレートに
読んでいたとのことです。

レッスン中、ジョンが話すのは
英語のみflair
基本的にレッスン中は
先生も生徒も
「話すのは英語で」という決まりが
あるそうです。

ところが、今年度は
日本人の先生のクラスになったとのことで
娘さんは保育園に通っていることもあって
ついつい無意識で「先生!先生!」と
話しかけてしまうようなのですがsweat01

これが良いのか悪いのか…
お母さんは悩んでいるそうなのですcoldsweats02

「でもさぁ
『ティーチャー!ティーチャー!』って
呼ぶのは変だよね??」
と…確かに、同感confident

「『○○ティーチャー!』も違うよね。
だからと言って、外国の先生の時みたいに
『○○!』って呼び捨ても
いけない気がする…」

例えば、先生のお名前が太郎だった場合
「太郎ティーチャー!」もしくは
「太郎!」と呼ぶ、ということですよねcoldsweats01

確かに、それも違う気がしますsweat02

そして、自分の学生時代を
思い返してみました。。

中高時代、英会話の授業が
ネイティブの先生で
日本人の男性と結婚した
イギリス人の女性の先生がいました。

例えば、山田エリザベス(仮名)というような
日本の姓+ファーストネーム、
のお名前。

この先生のことを
「Ms.山田」と呼んでいたの
思い出しましたsign03

読み方は「ミズ ヤマダ」です。
英語の場合、女性につける敬称は
ミズ・ミス・ミセス(カタカナで失礼します)
がありますが、婚姻関係によって
使い方が変わってきます。

婚姻関係有→ミセス
婚姻関係無→ミス

男性は婚姻関係有無が
関係なくミスターが使われているのに
女性側からしたら
なんだか腑に落ちませんよねsign02

というのが、ミズ、ということです。
婚姻関係有無は関係なく使えるのが
ミズなのです。

当時、私が通っていたのは女子校で
やはりその辺りが色々な意味で
ネックになっていたようで
「ミズ ヤマダ」と呼んでいました。

…と、お話ししてみたら
お友達のお母さん納得したようで
「ミスター ○○で良いんだねhappy02」と
スッキリした模様。

「ところで、 何先生なの?」
と聞いてみると
「そう言えば、先生の名前知らないcoldsweats01

なんともお茶目なお母さん
二人で大笑いでしたhappy01

|

« とっても美味 | トップページ | 心配なこと »

**日々の出来事**」カテゴリの記事